草取りで終わった一日

うちの庭の草取りをしなさいと隣近所に住んでいる旦那の実家から指令が入りました。
去年までは旦那の母親がうちの庭で畑をしていたので、草取りも、まあまあしてくれていたのですが、今年は膝が痛いからと畑をしなかったので、草も伸び放題です。
住んでいる住民の私達は、特に誰かお客さまが来るわけでもないし、気にしてはいなかったのですが、指令が来たので仕方なく、旦那と私は草取りをするかと重い腰を上げました。
梅雨時期で前日の天気予報は雨曇りだったので、雨が降らなかったらしましょう。
と旦那と二人話していました。
本音は面倒で疲れるから草取りなんてしたくないので雨が降ればいいなとも思っていましたが、朝起きたら曇り空で雨は降りませんでした。
天気の神様にも背中を押された感じですね。
取っても取っても終わらない草との戦いが始まりました。
前日にも雨が降り地面がじめじめしているからかやたらだんご虫やらミミズやらナメクジがいました。
ミミズが嫌いな旦那は割り箸ほどの太さの主のようなミミズを見つけて悲鳴をあげていました。
スギナの黒い根っこが綺麗に取れると嬉しいです。
しつこく草と格闘すること三時間。
くたびれました!足ががくがくです。
しばらくはもう草は見たくないですね。

読書が好きです

私の趣味は沢山ありますが読書も大好きです小学生の頃は嫌いだったんですが中学の頃から急に好きになりました1日に1~2冊読んでいました本が切れる前に本屋さんで1度に10冊買うのもちょっと嫌なので5冊ずつ2軒に分けて買っていました小説ジュニアやジュニア文芸も読んでいました何しろ本が切れたら生きていけないっていうか本の虫でした大人になってからは松本清張星新一遠藤周作阿刀田高森瑤子林真理子落合恵子森村桂等々ほとんど読破した感じです本は財産だと思っている私は読み終わっても捨てられないんですかなりの量になりました軽トラックで引っ越しの時持ってくればよかったのに本だけがスペースが無くて仕方なく友達にあげてしまいました今は古本屋でしか買いません処分したい本があったので買い取って貰いに行ったんですが2,500円もするのを5円にしかならないなんて本当にがっかりしましたまだ買ったばかりの本なのに…逆にかなり古いのを持って行った時は古すぎて買えませんと言われました古ければ古い程良いのかと思っていました昔私は春から夏は読書秋から冬は編み物と決めていました友達に編んであげたりしていました編み物も読書も始めたらきりがないです健康のためにも根詰めるのは良くないので気を付けようと思います。